Zelkova Design

建築家のアイデアを暮らしに。

「建築家×お客様」理想を”叶える”ではなく”超える”

ゼルコバデザインとタッグを組むアトリエ建築家には、それぞれに個性や得意分野があります。
スタート時は、住まいに対するご希望やライフスタイルなどについてお話を伺った上でベストな建築家をセレクト。
その後のヒアリングでは、お客様の多岐にわたるご要望を隅々まで聞き出します。


建築家は「ヒアリングによってプランのほとんどが決まるといっても過言ではありません」と話します。
ここで得た豊富な情報を基に、ゆとりと広がりを演出する空間構成や、光と風を取り込む工夫を凝らした構造など、お客様の理想以上の住まいをデザインします。

ヒアリングは「お客様にとって何が最も大切なのか」を建築家が見極める絶好のチャンス。
そしてお客様にとっては夢や希望が理想を超える形で実現する、心躍るような機会となるのです。

アトリエ建築家は「住まい」を作るプロ

建築物の設計と工事監理を行うのが「建築士」です。この職業に就くには国家資格の取得が必要で、一級建築士、ニ級建築士などの資格があります。

お客様の“理想の住まい”を形にするには、資格だけでなく高度な知識と豊富な経験、そしてセンスが求められます。それを持つのが第一線で活躍している「アトリエ建築家」です。


ゼルコバデザインの建築家は、ゼルコバデザインの定める「無駄をなくすためのルール」を熟知しています。

そのルールを守りながら、快適性やデザイン性に極めて優れたプランを練り上げます。


そうした連携によって、難易度の高い資格を取得した専門家というポジションにとどまらず、お客様の住まいに対するこだわりやご要望を詳細にヒアリングし、ご家族にとって理想の住まいのご提案を可能にしています。

家づくりに真摯に向き合う

家族でゆったり過ごせるリビング、使いやすくて清潔なキッチン、日差しが降り注ぐ広いバルコニー…。

住まいに対する理想やこだわりを実現するのは大変で、且つ後からやり直しができない部分も多々あります。


アトリエ建築家のひとりは、プランニングについて次のように説明します。

「地盤や設計、性能面などは後で変更することができないため、十分に配慮して設計しています」

「建築後の断熱性能や耐震性能の変更は多大なコストがかかるため、それらにも配慮が必要です」


またある建築家は、予算や土地への目配りも重要だと言います。

「予算・土地・暮らし方のバランスはとても大切です。この土地にどんな建物をのせたらお客様にご満足いただけるのかをじっくりと考えて提案しています」

「そのために必ず土地を訪れ、周囲の景観や街の雰囲気まで含めて土地を読み解く作業が欠かせません」


限りある予算の中で、家族構成やライフスタイル、将来設計まで見据えたプランニングを行い、理想の住まいを実現する。
それがゼルコバデザインとタッグを組むアトリエ建築家なのです。


ページトップへ戻る