Zelkova Design

「よい家づくり」を実現するためのコストパフォーマンス

ゼルコバデザインはよい家づくりのために、適切なコストコントロールが大切だと考えています。大阪という土地の価格相場が高いエリアで良い住まいを手に入れてもらうため、建築のプロとして合理的な仕組みを作り、建築家との協議による高いパフォーマンスの住宅を手の届く価格でご提供しています。



メーカー直接発注のwebシステムで中間コストの大幅ダウン

従来の発注方式では問屋や商社が間に入るため、人件費や倉庫維持費、業者の事務所費用などが必要でした。ゼルコバデザインでは、Webを利用してメーカーに直接発注するシステムに切り換え、流通コストの削減を図っています。また事前発注により、メーカー側は計画的に製造できコストダウンできるといったメリットもあります。



優れた設計・施工は建築費用をコントロールする

見た目のかっこいい、おしゃれな住宅をデザインすることだけが設計士の優秀さではありません。長く豊かで安心な暮らしを実現するためには、ライフステージやライフスタイルに併せた適切な間取りや空間の設計が必要となります。

ただし、家づくりの予算には限度があります。不必要なものを省き、生涯にわたってのランニングコスト(=ライフサイクルコスト)を考える必要もあります。ゼルコバデザインでは3つのポイントを持って、ライフサイクルコストを重視した家づくりを行います。



コストの内訳を知り、無駄を排除する

注文住宅は構造上不可能でない限りは、お客さまのご希望通りに建てることができます。天井の高さや収納の大きさなど、間取りや仕様をセンチ単位で指定することだって可能です。そこで大切なのは、どのようなオーダーをしたらどれくらい値段が変わるのか、きちんと知っておくこと。
家を建てるときのコストは「原材料費」「手間賃」「経費」の3つに分けられます。例えば標準の規格から柱の高さを10cm下げると、原材料費はカットした分高くなり、その加工費用も発生します。打ち合わせや建築途中で仕様の変更が増えると、大工さんへの手間賃や経費も増えてしまいます。
「原材料費」「手間賃」「経費」の3つに目を向けて、どの部分に無駄があり、どうすればその無駄を省けるのかを考えます。



住宅の耐久性を高め、保守メンテナンス費用を抑える

住宅の耐久性(家そのものの寿命)を下げる要因は「結露」です。結露は断熱性能、気密性能、計画換気に問題があると発生します。ゼルコバデザインは住宅の性能数値や使用する部材、基礎の工法など、耐久性に影響を及ぼす要素全てに根拠を持って家づくりをしています。それを理解している設計士と現場との連携によって高い耐久性を実現しています。



家の「燃費」にもこだわる

車を選ぶとき、「1リットルで何キロ走るか」と燃費を重視して選ぶ人は多いと思います。ハイブリッドカーは少し高いけれど、ガソリン代を含めたトータルコストは普通の車より安くなることもあります。

家も同じ視点を持つことが大切です。では、家の燃費とは一体何を指すのでしょうか?一言で言うならそれは「光熱費」。冷暖房などのランニングコストが家の燃費にあたります。一生住み続けたいマイホームだから、燃費の良さにもこだわらなければならないと考えています。


ページトップへ戻る