Zelkova Design

見えないバルコニーを通じて穏やかな光が降り注ぐ家。

「家を建てるなら絶対R+houseの家がいい」と建築家住宅「R+house」に惚れ込んだ施主。利便性の良い25坪ほどの土地を購入し、家づくりが始まった。
「25坪と狭小地だけれど、建築家だからこそ創意工夫で居心地の良い素敵な家にしてくれるという信頼があった」と語る施主が希望したのは大きく2つ。

①極力窓をつけない外観でプライバシーを守りながら採光を確保すること
②大きなクローゼットや収納と、使いやすい動線であること

「開放感がありながら外からの視線を気にせず過ごせるので本当に安心感があります」と語る施主は、この住まいで自分らしい時間を楽しみながら過ごしていくだろう。

【基本情報】
敷地面積:82.92㎡(25.08坪)
延床面積:98.83㎡(29.89坪)
Ua値(外皮平均熱還流率):0.44w/㎡k
C値(隙間相当面積):0.28㎠/㎡

建築家/斎藤真二
(Atelier if 一級建築士事務所)
斎藤氏はこの土地と相対した時に「プライバシーを守りながら採光を確保するためにリビングを2Fに上げる」という解を導き出した。バルコニーの壁を高く立ち上げ斜めにくり抜き、近隣からの視線を遮りながら光が差し込む仕掛けをしている。

25坪という限られた空間の中で開放感を感じながら過ごすために、すべての空間が違和感なくつながるプランを提案。クローゼットへ繋がる洗面は清潔で美しいホテルのようにデザイン。
家の中から愛車を眺められる工夫や、テレワークのある施主が仕事に没頭していても、オンとオフが上手に切り替えられるような空間づくりを考慮した。

faced

ダークグレーに塗られたシンプルな箱の家。プライバシーに考慮し、バルコニーの上部をスコンと切り落としたようなプロポーションがユニークだ。




living

東西と北側に配置された窓から通風を確保し、安定的に光を取り込む。清潔感ある白のオープンキッチンはR+houseオリジナル。





キッチンから見通すリビングとバルコニー。陰影のグラデーションが美しい。
空間はひと繋がりだが、ダイニングとリビングの間には段差をつけることで、空間ごとの特徴が引き立っている。




entrance

白を基調としてシンプルモダンにまとめられたエントランス。鉄骨階段を通して光が差し、右手の窓越しには愛車の姿も。






sanitary

ホテルライクにデザインされた、清潔感溢れる洗面室。2人同時に使うことのできるゆとりあるスペースに。


ランドリーも併設されており、洗い終わった衣服は洗面から続くクローゼットへ。室内干しで衣服が乾くR+houseでは、天候に左右されない効率的な家事導線も実現。


closet

洗面スペースから続く収納力の高いクローゼット。シンプルに、使い勝手よく、綺麗に仕上げている。


コーディネートをチェックする全身鏡。美しい空間では、毎朝出かける前のチェックも自然と楽しくなる。

out space

外部からの視線を遮りながら光を取り込むバルコニー。空を感じられるお気に入りの空間になっている。


どれだけかっこいいデザインの建物も、自然や周辺環境との調和が大切。背の高い庭木が建物の存在感をいっそう引き立てる。






ページトップへ戻る