Zelkova Design

“1畳半の余白が生み出した開放感ある明るいリビング。
4mの西側全面道路から心的プライバシーを守る家。

同じ空間の中で家族がそれぞれの時間を過ごしながら、ほどよい距離感で繋がりを感じられる家。緻密な計画のもと大胆に設けられた南東の「空をキリトル窓」が、内外を繋げて開放的な空間を演出する。
大阪・北摂の住宅密集エリアでプライバシーを確保しながら開放的に暮らすための設計がポイント。

【基本情報】
敷地面積:124.80m2(37.75坪)C値0.23㎠/m2
延床面積:93.55m2(28.30坪)Ua値0.49w/m2K



飯塚一樹

建築家/飯塚 一樹
(イイヅカカズキ建築設計事務所)

飯塚氏は、この土地を見た時にポテンシャルと課題を整理。都市部は隣地との距離が近い。西向きの前面道路は4mと幅が狭く、向かいの住宅との距離もひっ迫している。
東側は空き地で視線が抜けるが、将来的に建物が建つだろう。建物と建物の間に、南東側の空へと視線が抜けるポイントを持つこの土地のポテンシャルを活かすことが最大のミッションとなった。

家族が望むほどよい距離感を掴み、一体の大空間でありながらも、高低差を活かして家族それぞれの居場所がある間取りを提案。南東側を大胆に切り抜いた窓から視線が空へと繋がる。娘がお篭り空間で読書する姿を、奥様はキッチンから見守る。ご主人は踊り場のデスクから家族全員を見守りながら寛ぐ日常のひとときが浮かぶ。



Living

吹き抜け階段の上下にワークスペースとキッズスペースを配置。南東からの光が差し込む開放感のある窓の配置が魅力。



faced

グレーの吹付塗装を基調としたシンプルかつダイナミックな外観をデザイン。
西日、プライバシー、美観を考慮しファザードには窓を一切設けていないが、明るく開放的なリビングを実現した。





work space

吹き抜け階段の踊り場にはご主人の特等席を提案。家族を見守ったり、集中して仕事したり、お気に入りの空間だ。





relaxing space

室内干しスペースを兼ねた奥様の寛ぎ空間。読書中に視線を上げると、都市部と思えぬような空への広がりを感じられる。





out space

子供と並んで語らう場として、ベンチを設置。座った時に前面道路からの視線は遮られ、安心して家族だけの時間を過ごせる。

次の事例を見る

 


ページトップへ戻る