Zelkova Design

長く快適な高性能

大阪・北摂エリアで快適・健康な住まいを実現するために

日本においては住宅性能の低さによって、年間およそ2万人の方がヒートショックで亡くなっています。ヒートショックは寒冷地だけの問題ではありません。


室温18℃を下回ると疾病リスクが高まるため、WHOは18℃以上の室温を保つことをガイドラインで奨励しています。


大阪の北摂エリアも冬の日中平均気温は10℃を下回ります。部屋間の温度差が生じる住まいはヒートショックや疾病リスクを高め、快適で健康な住まいとは呼べません。

ゼルコバデザインでは北摂で暮らす人々がずっと「夏涼しく冬暖かい」快適で健康な暮らしを送るための家づくりを掲げています。

高断熱
高気密
計画換気
高耐震

家全体が常に適温に保たれる「高断熱」



床・壁・天井から出入りする熱が少ないのが高断熱の家。住宅の断熱性能は「Ua値」という指標で表され、数値はゼロに近づくほど「熱を通さない高断熱な住まい」といえます。


日本では2025年をもって「等級4(Ua値0.87)」が最低限の基準として定められます。
(現在は「等級4」が最高等級と定められています。)

大阪の断熱基準 等級4(省エネ基準) 等級5(2030年基準)

ゼルコバデザイン

Ua値 0.87 0.6 0.46
(引渡し平均実績)

ゼルコバデザインでは国の定める等級4の基準は当然ながら、2030年の「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)」基準も大幅にクリア。HEAT20のG2グレードに該当する断熱性能を誇ります。

高い断熱性能が、エアコン1台で家の中全体が「夏涼しく冬暖かい」快適で健康な暮らしを実現します。



高断熱を実現し、結露を防ぐ「高気密」



見えない隙間を少なくし、熱損失を極めて小さく抑えた(家内外の空気の出入りを少なくした)のが高気密の家。気密性能は「C値」(=床面積1m2当たりの隙間面積)で表され、0に近づくほど「高気密な住まい」となります。


気密性能の低い家は、どれほど断熱性能が高くても「夏暑く冬寒い」家になってしまいます。↓

C値   Ua値0.46 Ua値0.87
10.0 実質Ua値 0.95 1.36
5.0 0.70 1.11
2.0 0.55 0.96
1.0 0.50 0.92
0.5 0.46 0.87
0.3 0.44 0.85

上図のようにC値0.5以下の高気密な家づくりをすれば、住宅本来の断熱性能が発揮されます。

ゼルコバデザインでは全棟でC値0.5以下をお約束
(お引き渡し平均実績はC値=0.3前後)

ゼルコバデザインでは全棟でC値0.5以下をお約束し、断熱性能を最大限発揮する快適な住まいを実現します。



withコロナに必須。人と住まいの健康を守る「計画換気」



2020年に新型コロナウイルスが世界で流行してから、室内換気の重要性はさらに高まりました。その換気を確実に実現するのに欠かせないのが住宅の「高い気密性」と「計画換気」です。

住宅の計画換気の手段は、機械によって給気と排気両方をコントロールする「第一種換気」と、排気のみを機械でコントロールする「第三種換気」があります。

ゼルコバデザインでは熱交換率90%の第一種換気システムを標準採用することで「家全体の空気が常にクリーン」「エアコン1台で家全体が快適」「基礎、壁の中、天井裏の結露防止」を実現しています。


空気を綺麗に保ち、感染症やアレルギー、イヤな生活臭を防ぐ。

高気密と第一種計画換気によって、窓を開けない状態で家中の空気が2時間に1回綺麗な空気に入れ替わります。コロナウイルスなどの病気やアレルギーの予防はもちろん、日々の生活でストレスになる生活臭を防ぎます。

室内干しができる家。

窓を開けずとも24時間換気されているため、人が感じない程度の微風ですが、洗濯物をカラッと乾かすには十分な空気の流れが生まれます。生乾きしない室内干しが出来ることで、気候に関係なく毎日最短の動線で洗濯ができます。

少ないエネルギーで快適に。

ゼルコバデザインは熱交換率90%の第一種換気システムを標準採用。冬の冷たい空気も、室内の空気と熱交換してから家の中に入ってきます。そのため冷暖房効率が上昇し、換気と快適な温熱環境の両立と冷暖房コストの削減を実現します。

結露を防ぎ、いつまでも人と住まいを健康に。

世界最古の木造建築物・法隆寺のように、通気性が良く結露を起こさない木造建築物は高い耐久性を発揮します。高断熱住宅が耐久性を発揮するためには基礎や壁内、天井裏といった目に見えない部分で結露を起こさないことが大切です。

第一種換気は天井や基礎、壁の中まで常に空気が循環するためにダクトを配管します。そのため、設計段階から配管経路の確保や換気経路の検討など高い技術と知見が要求されます。ゼルコバデザインはこれらの綿密な計算を建築のプロとして全棟で行います。

基礎や壁内、天井裏までの換気を入念に計算し「家全体の空気を常にクリーン」「エアコン1台で家全体が快適」「基礎、壁の中、天井裏の結露防止」を実現し、いつまでも人と住まいの健康を守ります。



大地震から家族を守る高耐震設計



大阪北部地震以来、耐震性を気にされるお客様も増えご相談いただくケースも少なくありません。

ゼルコバデザインでは、アトリエ建築家が耐震性について万全の注意を払って設計する上、それとは別に構造専門の設計士がすべての建造物の耐震性能を厳しくチェックしています。

耐震等級は最高等級3
構造計算(許容応力度計算)は全棟実施

構造計算は、建物の安全性を確認するための複雑な計算です。その項目は建物への加重、風圧力、地震力、接合部の確認、基礎の設計、偏心率など多岐にわたり、すべての数値が基準を満たすことを義務付けています。

建築基準法上、木造2階建ての住宅を建てる際に構造計算による安全性確認を実施しない事も可能です。構造計算を行わない「耐震等級3」は厳密には「耐震等級3相当」であり、必ずしも耐震性が高いとは言えません。地震大国の日本で建物の安全性を重視する場合は、構造計算の実施を確認されることをお勧めします。

ゼルコバデザインでは全ての建築物で構造計算を行い、耐震等級3でのご提案をしています。

面全体で力を支える
「パネル工法」

ゼルコバデザインの採用するR+houseオリジナルの「R+パネル」は、面全体で外力を受け止めて力を分散するため、耐力壁の強さを示す数値「壁倍率」は実に2.5倍にも達します。これにより地震への強さを示す耐震等級は最高等級の3を標準としています。



ゼルコバデザインの標準仕様

 

ゼルコバデザインの標準仕様

構造 木造軸組パネル併用工法
断熱性能 Ua値 0.46(引渡し平均実績)  
等級6〜
※プランによる変動あり
気密性能 C値 全棟0.5以下 ※引き渡し平均実績C値=0.3
計画換気 第一種換気/熱交換率
耐震性能 耐震等級3(最高等級)
耐久性能 劣化対策等級3(最高等級)
プラン 吹き抜け、大空間を活かした可変プラン
設計 住宅建築を熟知したアトリエ建築家による設計


ゼルコバデザインでは、上記の性能と品質を全棟で標準仕様としています。
高槻・茨木周辺の北摂エリアで住まう方々の住環境を快適、安全で豊かなものにしながら、地域の環境負荷低減、街並みの形成に寄与することを目指した家づくりを行います。

高性能+デザインだけでなく
コストも妥協しない家づくり

よい住宅の条件として品質が高いだけではなく、誰もが手の届く価格であることも必要だと考えます。

ゼルコバデザインは品質を下げることではなく、無駄なコストを削減するためのシンプルな家づくりの仕組みを構築することでそれを実現しています。

 


ページトップへ戻る