Zelkova Design

大人も子供も楽しいアクティブハウス。
敷地条件を活かしながら
アウトドアな遊び心を。

高槻の閑静な街並みでのゆったりした暮らしを夢見て、土地探しから共に伴走。北側道路に面し、東側に下る傾斜地と出会った。
高低差のある隣地との関係性を捉え、空に向かって開放感のある空間設計を行った。西側は隣地建物とのプライバシーと西日という課題に配慮しながらパッシブにデザイン。
西日を遮ることで夏は涼しく、冬は南東からの陽光が差し暖かい。
年中、子供が裸足で駆け回る住まい。

【基本情報】
敷地面積:162.14(49.05坪)C値0.22㎠/m2
延床面積:99.63m2(28.30坪)Ua値0.49w/m2K



建築家/吉岡 香織
(藤田摂建築設計事務所)

Living

ボルダリングコーナーを兼ねた南東の吹き抜けからたっぷりと光を取り込む。ボルダリングコーナーは大人も子供も楽しいだけでなく、ミニマルにデザインされたLDKにおいて”普通とは違う”存在感を放つ。
キッチンからは左手にWIC〜ランドリー、バス、エントランスホール〜LDKへと回遊し、家事を効率化。
キッチンやバックセットは主に家事をこなされる奥様の作業しやすい高さに設定。小さなストレスに目を向けた丁寧なプランニングを行った。

LDKにはキッチンから目の届くスタディカウンターをセット。前道からの視線に配慮された窓は、木々を借景として取り込み開放感と癒しを感じられる。

entrance

圧迫感を与えないスケルトン階段によって、開放感のあるエントランス空間になっている。帰ってきてすぐに手洗い、水回り、部屋着へ着替えるWICへと繋がる回遊動線を作ることで、子供が泥まみれになって帰ってきてもへっちゃらだ。モルタル調のタイルを使い、落ち着いたナチュラルなデザインが迎えてくれる。

faced

両側の隣地との高低差に配慮しながら採光、プライバシー、美観をデザイン。白の外観を基調として、ポーチ周りにはレッドシダーをふんだんに使用しあたたかみのある外観となった。

 

 


ページトップへ戻る